認定資格

 

シンクロニシティカード

​マスター

マスター認定コース修了後、認定テストを受け合格すると『マスター』の資格が付与されます。

マスターになるとプロとして(=有料で)シンクロニシティカードのリーディングセッションを行うことができます。

『ビギナーコース』を開催し基本的なカードの使い方を多くの方に伝えて頂くこともでき、シンクロニシティカードをライフワークにして活動するのに役立つ資格となります。

活動方法は自由ですので、ご自身が今お持ちの他の資格と合わせるなど自由にメニューを創り、オリジナリティのある活動を行って頂くことも可能です。

また、協会が主催するイベントではボランティアスタッフとしてサポート参加することができます。

(サポート募集時には協会よりお知らせがあります。)

ご自身のリーディングのノウハウを活かしてより多くの方にカードの魅力を伝えたり、ご自身のファンを増やす場としても、多くの経験ができる場となっています。

​*マスター認定コース受講にはアドバンスコースを修了されていることが必要です。

​*シンクロニシティカード協会では、マスター認定取得者のみプロとして有料でリーディングセッションを行うことを認めています。

シンクロニシティカード

​ティーチャー

マスター認定者がティーチャーコースを修了し、アドバンスコースの実技及び実地試験に合格することで

『ティーチャー』の資格が付与されます。

ティーチャーになるとプロとしてのリーディングセッションやビギナーコース開催はもちろん、『アドバンスコース』を開催することができます。

ご自身のアドバンスコースからマスター認定コースへと進み、マスターになる方が生まれることの喜びはかけがえのないもの。

輝きを拡げる、まさに根源ともなれる資格です。

ティーチャーコースは不定期開催、FUMITO&LICAの推薦により受講頂けるコースです。

リーディングスキルやマスターとしての活動状況を踏まえながら、何よりも「ティーチャーとしてシンクロニシティカードを多くの方に伝えたい!」という思いのある方と共に、少人数制で開催します。

​現在協会には13名のティーチャーが在籍し、多くの方にシンクロニシティカードの光を伝える活動を行なっています。

 

© 2019 Synchronicity Card Association

​一般社団法人シンクロニシティカード協会

このサイトで使用されている画像・文章を

無断転載・引用・複製することはご遠慮ください。